生前服

生まれる前に生きるもの

DCブランド一覧(制作中)

 DCブランドとは、Designer's & Character's brand、の略称から来ている、そうです。

  • 表記は以下の通り
    ブランド名(英語表記):デザイナー(書籍・雑誌等でわかった方のみ記載。特に企業内ブランドの場合、複数人いたり変遷があったりが多いため、記載者以外のデザイナーの方がいる場合も多く考えられます。また主に80年代中心に記載):分類(頭文字はデザイナーズ、キャラクターズの区別(アバウトですが)、次の文字はレディース、メンズの区別)
  • DCブランド年表も参照ください。

 

1967
・ニコル(NICOLE):松田光弘、中島伊津子(83〜):DL

1968
・マダムハナイ(MADAM HANAI):花井幸子:DL
・ロペ(ROPÉ):ジュン:CL

1969
・コムデギャルソン(COMME des GARÇONS):川久保玲:DL

1970
・ビギ(BIGI):菊池武夫、稲葉賀恵:DL
・ジャップ(JAP)、ケンゾー(KENZO):高田賢三:DL
・ミルク(MILK):大川ひとみ:DL

1971
・イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE):三宅一生:DL
・ピンクハウス(PINK HOUSE):金子功:DL
・バツ(BA-TSU):松本瑠樹:DL

1972
・ワイズ(Y's):山本耀司:DL
・アトリエサブ(ATELIER SAB):田中三郎:DL
・モガ(MOGA):稲葉賀恵:DL

1973
・メルローズ(MELROSE):横森美奈子:DL

1974
・ムッシュニコル(MONSIEUR NICOLE):松田光弘、小林由紀雄(83~):DM
・ミルクボーイ(MILK BOY):大川ひとみ:DM

1975
・イッセイスポーツ(ISSEY SPORTS):三宅一生、津森千里(77〜):UNI
・メンズビギ(MEN'S BIGI):菊池武夫、今西裕次:DM
・メンズバツ(MEN'S BA-TSU):松本瑠樹:DM

1976
・マダムニコル(MADAME NICOLE):松田光弘:DL
・ハーフムーン(half moon):菊池武夫:DL
・ズズ(ZOU ZOU):山県清臣:DL
・イッセイミヤケ・メン(ISSEY MIYAKE MEN):三宅一生:DM
・グラス・メンズ(GRASS MEN'S):斎藤純:DM
・アーストンボラージュ(arrston volaju):佐藤孝信:DМ
・コムサデモード(COMME ÇA DU MODE):ファイブフォックス:CL
・パーソンズ(PERSON'S):吉川英彦:パーソンズ:CL

1977
・ビバユー(VIVA YOU):中野裕通:サンエー・インターナショナル:CL
・メンズメルローズ(MEN'S MELROSE):荻野明、神山俊夫:DM

1978
・ジュンココシノ(JUNKO KOSHINO):コシノジュンコ:DL
・コムデギャルソン・オム(COMME des GARÇONS HOMME):川久保玲:DM
・バルビッシュ(BARBICHE):菊池武夫、小栗壮介:DM
・アバハウス(ABAHOUSE)::CM

1979
・ゼルダ(ZELDA):甲賀真理子:DL
・ワイズ・フォー・メン(Y's for men):山本耀司:DM
・チューブ(TUBE):斎藤久夫:DM
・パシュ(PASHU):細川伸:DM

1980
・ミスタージュンコ(Mr.Junko):コシノジュンコ:DM
・ブリックス・モノ(BRICKS MONO):高橋幸宏:DM

1981
・ヨシエイナバ(YOSHIE INABA):稲葉賀恵:DL
・ニコルクラブ(NICOLE CLUB)::DL
・トリコ・コムデギャルソン(tricot COMME des GARÇONS):川久保玲→渡辺淳弥→栗原たお:DL
・ローブドシャンブル・コムデギャルソン(robe de chambre COMME des GARÇONS):川久保玲:DL
・ヨウジヤマモト・ファム(Yohji Yamamoto FEMME):山本耀司:DL
・プランテーション(PLANTATION):三宅一生:UNI
・フィッチェ(FICCE):小西良幸:DL
・ペイトンプレイス(PEYTON PLACE):ファイブフォックス:CL
・コムサデモード・メン(COMME ÇA DU MODE MEN):ファイブフォックス:CM

1982
・インゲボルグ(INGEBORG):金子功:DL
・ヒロココシノ(HIROKO KOSHINO):コシノヒロコ:DL
・エーティー(A.T):田山淳朗:DL

1983
・トキオクマガイ(TOKIO KUMAGAI):熊谷登喜夫:DL
・アツキオオニシ(ATSUKI ONISHI):大西厚樹:DL
・K.T.コムサ・デ・モード(K.T.COMME ÇA DU MODE):高瀬清子:DL
・ケンゾー・オム(KENZO HOMME):高田賢三:DM
・カンサイ・マン(KANSAI MAN):やまもと寛斎:DM
・アトリエサブ・フォーメン(ATELIER SAB FOR MEN):田中三郎:DM
・I.S.チサトツモリ・デザイン(I.S. Chisato Tsumori Design):津森千里:UNI

1984
・ケンショウ(KENSHO):安部兼章:DL
・ヒロミチナカノ(HIROMICHI NAKANO):中野裕通:DL
・コムデギャルソン・オムプリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS):川久保玲:DM
・ヨウジヤマモト・プールオム(Yohji Yamamoto POUR HOMME):山本耀司:DM
・ニコルクラブ・フォーメン(NICOLE CLUB FOR MEN):松田光弘:DM
・セーラーズ(SAILORS)::CL
・パーソンズ・フォーメン(PERSON'S FOR MEN):パーソンズ:CM

1985
・タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI):菊池武夫:DM
・トキオクマガイ・オム(TOKIO KUMAGAI HOMME):熊谷登喜夫:DM
・ペイトンプレイス・フォーメン(PEYTON PLACE FOR MEN)(PPFM):ファイブフォックス:CM

1987
・コムデギャルソン・オムドゥ(COMME des GARÇONS HOMME DEUX):川久保玲:DM

1988
・コムデギャルソン・シャツ(COMME des GARÇONS SHIRT):川久保玲:DM

1989
・マリココウガ(MARIKO KOUGA):甲賀真理子:DL

 

スタート時期不明のブランド
デザイナーズ

キャラクターズ
・ポッシュボーイ(POSH BOY):山喜:CM
・バッソー(BASSO): :CL
・ジュンメン(JUN MEN):ジュン:CM
・ドモン:ジュン:CL
・フランドル:奥林美智子:フランドル:CL

 

DCブランドに関する覚え書き

 デザイナーズ・ブランド
 デザイナーがブランドのイメージを牽引。春夏、秋冬のコレクションを披露することも多い。デザイナー自身が経営権を持つこともある。

 キャラクターズ・ブランド
 企業がブランドのイメージ作り、商品製作に取り組む。ブランド自体にひとつの「キャラクター」(特徴、個性といったイメージで、ドラえもんやスヌーピーのようなキャラクターのことではない)があるのが特徴的。

 これが「DCブランド」のDとCと言われます。しかし、正直ぼんやりです。パリコレに参加し、世界的に有名でVOGUEやハーパースバザーのような雑誌にもとりあげられるコム・デ・ギャルソンと、アパレル企業ファイブフォックスが展開していたコムサ・デ・モードを一列に並べてしまうこの概念は、なかなか変かもしれません。さらには、高瀬清子が自身の名前を冠していたK.T.コムサ・デ・モードという存在もあり、こうなるとデザイナーズかキャラクターズか、という区別すらあいまいです。
 さらにはラルフローレンのような海外デザイナーズブランド(ただし、この場合ライセンス商品などもあり、どこまでデザイナーズと言えるのか……?)やフィラなどの海外キャラクターズブランドといった海外勢、同時期(80年代前半)流行したロカビリースタイル(ピンクドラゴンなど)や文化屋雑貨店、大中のようなチープシック・ブランド、日本ではなくパリでスタートした入江末男のイリエ、DCブランドブーム以前から人気のあった森英恵や鳥居ユキといった人々の服、VANなどアイビースタイルから始まったブランド、ビームスなどセレクトショップのオリジナルブランド……と、80年代の多様な既製服の世界をどのようにDCブランドという言葉で括るか、というのはとても恣意的なものでしかなく、なんとも言えません。
 上記のような事情により、この「一覧」ではDCブランドを網羅することはできていません(というかすべてのブランドを書き尽くすか・あるいは網羅ができないか・の2択になって、たぶん、そんなことはできないのです)。が、80年代文化を考える一環として代表的(?)なところを記録しておくつもりです。ということで、かなり私の「恣意的な」判断となっていることをご了承ください。また、今「DCブランド」というときにはニコルやピンクハウス、コムサデモード、コムデギャルソンなど日本のブランドをイメージして使われることがほとんどと考えましたので、この一覧では日本のブランドのみを取り上げています。

 また、制作中につき、不明点は空白にしているほか、誤りがありましたらご指摘ください。

 

ブランド同士の関連

ニコルつながり
松田光弘
・ニコル(1967~)L
・ムッシュニコル(1974~)M
・マダムニコル(1976~)L
・ニコルクラブ(1981~)L
・マツダ(1983~)L

甲賀真理子
・ゼルダ(1979~)L
・マリココウガ(1989~)L

金子功
・ピンクハウス初期に関係があった

 

ビギつながり
菊池武夫
・ビギ(1970~)L
・メンズビギ(1975~)M
・バルビッシュ(1978~)M
・ハーフムーン(1976~)L
(1985年からワールドに移籍し、タケオキクチを展開)

稲葉賀恵
・モガ(1972~)L
・ヨシエイナバ(1981~)L

金子功
・ピンクハウス(ブランド立ち上げ1971~、ビギグループ1980~)L 

大西厚樹
・アツキオオニシ(1983〜)L
(最初はビギグループのブランド「キャトルセゾン」のチーフデザイナーだったが、後にブランド名を自身の名前である「アツキオオニシ」に変更した)。

横森美奈子
・メルローズ
・メンズビギ
・ハーフムーン
・バルビッシュ

小栗壮介
・バルビッシュ

神山俊夫
・メルローズ
・メンズメルローズ

荻野明
・メンズメルローズ

今西勇次
・メンズビギ

 

イッセイミヤケつながり
三宅一生
・イッセイミヤケ(1971~)L
・イッセイスポーツ(1975~)L
・イッセイミヤケ・メン(1976~)M
・プランテーション(1981~)L

津森千里
・イッセイスポーツを1977年から担当
・I.S. Chisato Tsumori Design(1983~)L