DCブランド

服を着るのはいったい誰?――川久保玲

デザイン・川久保玲。『装苑』(文化出版局)1978年2月号 24、25ページ コム・デ・ギャルソンの変化 コム・デ・ギャルソンのデザイナー、川久保玲の作る服は大きく変わってきた。以前の記事で、1979年の『an・an』読者からは、「シンプル」で「素朴」な「流行…

1979年10月21日、『アンアン』の読者は。

『an・an』(平凡出版)1979年10月21日号 1979年10月21日(日) 『an・an』(以下アンアン、平凡出版)の、1979年10月21日号(234号)に、「アンアン読者アンケートから/好きなブランドBest20発表」という特集がある。 これは「本誌228号と229号の、アンケー…

山本耀司が世に出るまで

『装苑』(文化出版局)1969年4月号 160ページ 助走 ファッションデザイナー山本耀司が生き方、考え方を語った『服を作る モードを超えて』(聞き手・宮智泉 中央公論新社 2019年増補新版)によれば、氏が慶應義塾大学法学部卒業後文化服装学院に入学したの…

日本に「ブランド」はなかった

『装苑』(文化出版局)1968年9月号 172、173ページ 婦人服の9パーセント 『装苑』(文化出版局)の1964年8月号に、「服飾界は転換期にきている?」という特集が組まれている。 洋品類以外のすべての婦人服のうちに、既製服がしめている割合はアメリカでは九…

DCブランド一覧(制作中)

DCブランドとは、Designer's & Character's brand、の略称から来ている。 デザイナーズ・ブランド デザイナーがブランドのイメージを牽引する。春夏、秋冬のコレクションを披露することも多い。デザイナー自身が経営権を持っていることもある。 キャラクター…

DCブランド年表(制作中)

制作中につき、誤り等ありましたらご指摘ください。 1960(昭和三五)年イベント コシノジュンコ、第7回装苑賞を最年少(19歳)で受賞。同回では、松田光弘、高田賢三もリズムミシン賞(佳作)を受賞している。 1961(昭和三六)年イベント 高田賢三、第8回…